IGGY POP – MOVE ASS BABY

アーティストIGGY POP / イギーポップ
タイトルIGGY POP – MOVE ASS BABY
レーベルETERNAL GROOVES
カテゴリ ETERNAL GROOVES・CHERRY RED・ROCK & POPS
フォーマットCD発売日2020年4月15日
規格番号GUNS-002価格¥2,300+税

★「ロウパワー/淫力魔人」セッション1972と、'73年の米国リハーサル収録!
★J・ウィリアムソン(gtr)参加。新生ストゥージスのリアルなスタジオワーク!
★日本盤Only、新装ジャケでファン待望の国内盤リリース。
★CROSS(ex.赤と黒)による日本語解説ライナーノーツ。

ゴッドファーザー・オブ・パンク!今も精力的に活動するイギー・ポップが
そのリアル初期衝動の凶暴なライヴゆえに、取扱危険人物としてレコード会社からも疎まれていた1972年。
しかしイギーを慕う、デヴィッド・ボウイ(ジギースターダストはイギーの名前から命名)
に誘われ,ボウイの事務所に所属して敢行したロンドン・レコーディング!
1973年にアルバム『ロウパワー/淫力魔人』として発表される、
ロック史上に刻まれるその名盤のプリプロ・セッションから5曲収録。

そして『ロウパワー/淫力魔人』リリース後の1973年、素行不良により 事務所を解雇されながらも,
コロンビアと残っていた契約に沿って、地元のデトロイトで行われた
幻の4作目アルバム用のリハーサル音源を収録している。

そんな本作は、版権を所有するボウイのプロダクション"MAINMAN"が、
英国Cherry Redから2010年にリリースしたもので、今回、初の国内盤発売となります。
日本のイギーポップと異名を馳せたバンド「赤と黒」のギターであったCROSSによる
当時のイギーやバンドの状況を記した日本語解説もブックレットに掲載。

結果的に『ロウパワー/淫力魔人』には収録されずボツ扱いとなった1曲目の「I Got A Right」など
,映画『ギミー・デンジャー』でも「一番のお気に入りだった」と語られた通りのカッコ良さ!
イギーの作曲のパートナーであるギターのジェイムス・ウィリアムソンのロック・フィーリング満点の
ギターリフは、この時期はどれもが神がかりであり、「Shake Appeal」の元曲「Tight Pants」など、
痛快なギターリフを繰り出しています。

アシュトン兄弟によるストゥージスの攻撃的で無骨なエッセンスそのままに、イギーもシャウト。
1973年のデトロイトのリハーサルでも、そんなロック原石の様な作曲作業が垣間見れて,
ストーンズと言うよりは村八分みたいヤバさの「I Come From Nowhere」や、
イギーのボーカルがジム・モリソンを彷彿させる「Old King Live Forever」など、
完成形には程遠いセッションながら、ロック原石の展覧会のようです。

商業的な結果は別として、このメンバーで、ボウイのもと作品を残したことが
やがてイギー&ザ・ストゥージスを伝説的バンドへと導きます。
そんな歴史的セッションを体験できる秘蔵音源集です。

★国内盤/解説日本語ライナノーツ付/
★16ページフルカラー・ブックレット。     
★ライナー日本語解説:CROSS(the LEATHERS)        

失われたロック名盤発掘"GUNSLINGER"レーベル!
国内未発売の王道・定番ロック名盤を、復刻リリース!
永遠不滅のリアルロックを真のマニアへ、
英国CHERRY RED RECORDS版権の作品を中心にリリース!
TRACK LIST
■収録曲
London Olympic Studios 1972
I Got A Right
Gimme Some Skin
I'm Sick Of You
Tight Pants
Scene Of The Crime

Detroit Rehearsals 1973
Wild Love
I Come From Nowhere
I'm So Glad (CREAM cover)
Delta Blues Shuffle
Old King Live Forever
Look So Sweet
I'm A Man (Bo Diddley cover)
Mellow Down Easy
Move Ass Baby