THE BEATLES – STARS of ’65  Fab Chronicle Series vol.6          ザ・ビートルズ / スターズ・オブ・’65

アーティストTHE BEATLES / ザ・ビートルズ
タイトルTHE BEATLES – STARS of ’65  Fab Chronicle Series vol.6          ザ・ビートルズ / スターズ・オブ・’65
レーベルETERNAL GROOVES
カテゴリ ROCK & POPS
フォーマットCD発売日2019.5.29.
規格番号EGDR-0106価格¥2,300+税

★ビートルズの未発表ライヴ・シリーズ第6弾!
★『ヘルプ!・四人はアイドル』を発表し充実期の65年のライヴ傑作選!
★地元英国でのNME人気投票コンサート、全5曲完全収録。            
★英国TV特番「ナイトアウト」での「イエスタディ」など全6曲完全収録。
★Eternal Groovesから、デジパックで登場!

ビートルズの貴重な未発表ライヴを年代順に追いかけるライヴ・シリーズ。
第6弾は、いよいよ1965年に突入です。

前年11月に世界初のフィードバックギター・サウンドをイントロに取り入れた「アイ・フィール・ファイン」
をヒットさせたビートルズ。
1965年に入ると、2作目の主演映画『ヘルプ!/四人はアイドル』の撮影と、サントラのレコーディング
も始まり、多忙を極める中、アイドルからの脱皮を予見させる告白調の歌詞で歌われる「ヘルプ!」や、
弦楽四重奏を施した「イエスタディ」といった傑作を生み出して行きます。

そんな時期のビートルズのライヴは、まず1965年4月の英国音楽誌N.M.E.の人気投票
コンサートから5曲収録。
ロンドンの大観衆の中、その「アイ・フィール・ファイン」や、2日前にシングル発売された「涙の乗車券」
が早くも演奏されています。
ここでのジョンはスタジオ盤と同じくギブソンJ-160E(エレアコ)を使って「アイ・フィール・ファイン」
を弾いています。以降はリッケンバッカー(エレキ)で弾くことになるので貴重ですね。

2月から始まった映画撮影の合間を縫って、彼等は欧州ツアーも敢行。
2週間程のそのツアーの音源は、ほとんど発見されておらず、 初のイタリア・ローマ公演(7月27日)から、
わずか2曲ほどですが 「セニューレ」とイタリアの司会者の紹介から始まる貴重な放送用ライヴ音源を
収録しました。途中までですが「I'm A Loser」はこの時期のみのレアな演奏です。

そして8月には、『HELP!』の映画とアルバム発売に合わせて、英国TVでの特別番組
『Blackpool Night Out』に出演。 アンソロジー映像版でも数曲取り上げられた重要なライヴです。
「イエスタディ」など新曲を中心に全6曲のライヴを完全収録。

最後にボーナストラックとして、時期が遡りますが、米国TV「シンディグ!」用にロンドンで収録された
ライヴから「Kansas City / Hey Hey Hey」など3曲を追加収録。
世界中で人気が爆発したさなか、レノン&マッカートニーの作曲能力も 冴え渡り、レコーディングにも
果敢に挑戦していった ザ・ビートルズの飛躍の年、1965年のライヴ集です。

当時の状況、背景などを記した日本語解説を内ジャケに掲載。
Eternal GroovesよりデジパックCDで登場です。

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★Getty Images Japanのライセンス写真使用ジャケ

TRACK LIST
★収録曲
NME Pollwinners Concert / London April 11, 1965
Introduction
I Feel Fine
She's A Woman
Baby's In Black
Ticket To Ride
Long Tall Sally
Rome 1965 / Teatro Adriano,June 27, 1965 (evening show)
Introduction
Twist And Shout
She's A Woman
I'm A Loser
Blackpool Night Out / ABC Theater, August 1, 1965
Introduction
I Feel Fine
I'm Down
Act Naturally
Ticket To Ride
Yesterday
Help !
Ending
Shindig ! / London October 3, 1964
Kansas City / Hey Hey Hey
I'm A Loser
Boys